司法書士資格取得を目指した時の体験談

全くの専門外、しかも理系でしが、社会人になって法律に興味を持ち司法書士資格取得を目指して勉強したことがあります。
結果的には受験せずに終わってしまいましたが、大学の一般聴講生として授業に参加するところから、始まり専門のスクールに通いながらも勉強を進めていきました。
会社の仕事を終えてから大学に通うという生活スタイルを1年ほど続けました。
法律に目覚めるという意味合いでは、入門編として通い意味があったかと思います。
しかし、受験対策としては、はやり専門のスクールに通った方が、効率が良いことは確かです。
また、学習のスケジュールを立てる際にも、自分だけの考えですと独りよがりな面が出てきて、うまく回せないところとが出てきます。
それだけが反省です。
また、同じ道を志す仲間がいると励まされますので、積極的に情報収集をしました。
当時はインターネットが普及していない頃でしたので、パソコン通信を利用したコミュニティに参加していました。
とても、密度の濃いコミュニティであったこと感じています。
2ちゃんねるのような巨大掲示板も役に立ちますが、情報が膨大であり、必要な情報を見つけるまでに時間がかかるデメリットがあります。
その点は、昔のコミュニティの方が利用しやすかったかなと感じています。

法律事務所 吹田

競合他社との差別化を図る専門的なマニュアル作成グローバル化も見据えているなら、必須の項目になるでしょう。

労働環境改善の助成

お客様のご都合に合わせた京都市の法律事務所です

婚前契約書で未然に問題解決

法律関連一覧

不動産取引をする上で、宅建建物取引資格は必須のものであるため、需要がるのだろうと取得を目指したことが

宅建建物取引資格を目指した時の体験談

司法書士の資格や宅地建物取引主任者の資格など、不動産関連の資格取得を目指して受験勉強した経験がありま

民法の理解は一般生活にも役立ちますよ

労働トラブルは誰にでも起こることです。
法律で労働者の権利は守られていますが、それを破る企業も

法律は知っておいたほうがよいこともある

Copyright(c) 法律 All Rights Reserved.