宅建建物取引資格を目指した時の体験談

不動産取引をする上で、宅建建物取引資格は必須のものであるため、需要がるのだろうと取得を目指したことがあります。
親類に不動産屋さんをやっている者がいたというのも、動機のひとつとなっています。
特にスクールには通うことなく、独学でしたが、うまく合格することができました。
不動産関連の法律の知識が必要となる資格ですが、弁護士や司法書士などに比べると、取得しやすい資格であると考えいました。
当時の合格条件は、50問中7割り程度の正答率がボーダーラインとなってしましたのが、なんとなく合格できるのではないかと感じていました。
しかし、調べていくと受かりそうで落ちやすいとも言える試験という印象です。
つまり、しっかり勉強しないと、上っ面の知識では不合格となる可能性があると感じました。
民法や商法などの一般的な法律知識以外に、不動産登記法、商業登記法などの他、司法書士法の理解が必要となり、生半可な学習では太刀打ちできません。
暗記しただけではなく、論理的な思考力が必要となります。
また、法律は改正されますので、合格できずに次の年に持ち越したり、期間が開いていると問題集や法令集を更新いなければならず、出費の負担がありますので早期に合格した方が得策です。

Copyright(c) 法律 All Rights Reserved.